金額だけで選ぶと自動車保険は失敗する

私はこれまでに3回、自動車保険の保険会社を変更しています。
最初に加入したのは、新入社員の頃でした。
その当時は職場に保険会社の勧誘員が自由に出入りしていて、私は言われるがまま保険に加入していました。
その際に「自動車保険」も一緒に入ってくれれば、ちょっと豪華な景品をくれると言うので、加入しました。
それから数年後に結婚をしたのですが、配偶者が「自動車保険料が高過ぎるので、保険会社を変更したいんだけど。」と言い出しました。
補償内容が変わらないのであればいいかと思い、配偶者に保険えらびの全てを任せてしまいました。
配偶者はとにかく「安さ」にこだわったようで、確かに保険料は半額近くになりました。
その後、慣れない雪道を走らなくてはならない状況に陥ったことがありました。
スタッドレスタイヤは履いていましたが、にタイヤをとられてしまい自損事故を起こしてしまいました。
すぐに保険会社に電話をしたのですが、その対応はとてもひどいものでした。
たしかに事故を起こして、私も焦っていたと言うこともあるのですが、まくしたてるように色々なことを言われ、パニックになってしまったのです。
保険料の安さばかりに目を奪われてしまった結果が「まったく満足できない事故対応」でした。
そのことを配偶者ともじっくり話し合い、再度「自動車保険」の会社を変更することにしました。
事故を起こしてしまったこともあり、保険料は値上がりとなりましたが、事故対応の評判のいいところにしたので、安心感が違うと感じています。